ビジョナル採用サイト

ビジョナル採用サイト

WEB制作

WEB制作は「価値を伝える」事をコンセプトにホームページを最適化していきます。
ディレクション,デザイン,コーディング/プログラミングはもちろんのこと、今後の「価値を伝える」ために必要になる「SEOやプロモーションまで考えたWEB制作」を心がけています。

ィレクター

ディレクターとは、「監督」や「指揮する人」を意味しています。
クライアントの要望と制作スタッフ(デザイナー、ライター、コーダー、プログラマーなど)をまとめ、進行管理、品質管理などをする仕事です。

WEB制作の流れをマネジメントするWEB制作では、下記のような流れで進めます。

WEB制作全体作業フロー

  • ①ヒアリング/分析
  • ②ディレクション
  • ③ワイヤーフレーム/サイト構成図
  • ④記事/写真/コンテンツ作成
  • ⑤デザイン
  • ⑥コーディング
  • ⑦サーバー設定
  • ⑧プログラミング
  • ⑨本アップ
  • ⑩運用保守
  • ⑪コンテンツ修正/変更

この一通りの流れをマネジメントし、お客様のご意見を抽出して、デザイナー、エンジニアが最大限の能力を出せるよう取り持つ役割です。

ザイナー

主に、WEBデザインに関わる分野でホームページをコーディングする際にデザインだけでは表現しきれないアニメーションや、プログラムを導入した際に変化するWEB独特のデザインを創造する役割です。
デザイナーはただカッコイイデザインを作れば良いというわけではなく、情報をデザインして人が見たくなるサイトを作る仕事です。

ンジニア

WEBコーダーからシステムエンジニアが含まれます。
WEB制作では、デザイナーから受け取ったデザイン案をしっかりWEBで閲覧できる形に構築し、アニメーションなどの動きのあるプログラミングなども行います。
自社のサービスでは、企画から入りプロジェクトの根本を構築します。
会員システムや情報サイトなど幅広い分野で開発を行う縁の下の力持ちです。

『WEBコンサルとは何か?』初めてお会いするクライアント様にお伺いされる事がある。WEBコンサルを探している企業様でも明確にWEBコンサルは何をしてくれるのか?実は理解されていない事も多い。このWEBコンサルタントという言葉には、現在のところ明確な定義は無い。WEB+コンサルタントをウィキペディアを引用し、紐解くと「WEB業務における問題の発見・解決策の提案・業務の改善の補助、WEB戦略への提言などを中心に企業の様々なWEB業務を効率化するための提案自体を行う事」となる。

技術

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

#

サイト名

ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。ここはサイトの詳細になります。

関連

笹木 航太

技術部

猛烈に、仲間を求めています。
採用
表示するものががありません